空と太陽ときどきアロマ

しあわせはすぐそばにある

卒業式でした。

6年前かな。

息子は、喘息の発作ばかりでした。

 

そのとき、どーにかして

強くなるようにしたい!

そして、こだわりのある性格を

否定しないように

あらゆることにチャレンジ

できるようにしたい!

 

その一心で

飯能市の白鳥幼稚園に入園しました。

 

自宅から車で30分。

園バスなんぞ通らない場所から

送り迎えを続けました。

 

一年中、上半身はだか。裸足で過ごす。

他には

脳化学のもとプログラムされた

もので構成されている。

いわゆるお勉強に力をいれている

幼稚園。

 

 

そこに入って2年で

息子は見違えるようになりました。

強くなったの。

その影響でしょう、

あいかわらず真夏の格好で

一年過ごしてます。

 

そして、息子より

超こだわり派の末娘も

同じ幼稚園でした。

 

彼女がはいるときは

まぁ辞めることになるかもなーと

ダメだったら、ダメなときさ!

そんな感じで入園しました(笑)

 

この3年間で、わたしは成長しました。

だって、毎日が波乱万丈なのだもの(笑)

でも、なんだかんだいいながら

一年がすぎ、二年がすぎ

今日が卒業式でした。


f:id:Crane221083:20170318161623j:image

片道30分の道のりは、

楽しいコミュニケーションの

お部屋でした。

機嫌がいいときも、悪いときも

あるしね。

どうやったら、モチベーションあげて

幼稚園にいってもらうか、

それが、息子とはちがうので

わたしの挑戦でもありました。

 

とにかく彼女から

子育てのノウハウを学んだ気がします。

 

思い通りなんていかない、

小さくても頑なな感情があること

そして、落ち着いてはなせば

わかってくれること。

 

わたしは、幼稚園の送迎で

たくさんのことを学びました。

 

教えることよりも

教えてもらうことがたくさんありました。

 

そして、今年度は

もうひとつ自分自身に課題を

もたせました。

 

それは、頑張ってる先生たちに

気持ちを伝え続けることでした。

 

頑張ってもうまいかない。

どーやればわからない。

気持ちがからまわりする。

 

それは、幼稚園だけでなく

普段の生活でもあること。

 

若い先生たちの自信になることを

伝える!そうやって自信をつけて

ほしいと思ったから。

 

みんな早く辞めてしまうのが

気になって仕方なかったので。

 

自分が若い頃、とにかく失敗をしました。

でも失敗するからわかるし

学べる。それが悪いことじゃない。

そういうことを、とにかく伝えたかったの。

どれくらい先生方へ

種まきできたかはわかりません。

 

でも、やらないよりは

やってよかったとおもってる。

 

どんな人も

子ども、先生も、親も

みんな失敗はするんです。

失敗していいんです。

 

みんな違っていいんだよ。

 

その世の中にしたい

私のチャレンジです。

 

少しでも私の気持ちが、

あの先生にも、この先生にも

伝わってくれてたら

私は幸せです。

 

一生懸命な先生たちが

大好きだよ❤

 

そして、いつまでも

どこにいっても応援してるからー!!

 

 

そして、いろんな気づきを

与えられ、感じられたこと

感謝します。

 

すばらしい5年間。

ありがとう。

 

そして、これから私が伝えていきたい

ことが、この白鳥幼稚園で

やってきてることと

同じことなんだよなー。

 

きっと、ここにたどり着くために

私は、白鳥幼稚園を選んだのだと

おもう。それを実感してる