空と太陽ときどきアロマ

しあわせはすぐそばにある

上弦の月


昨日、アップしようとおもって

寝落ちしてたもの(笑)

 

今宵は、上弦の月🌓

夜空を見上げてみて、きれいだよ。

 
f:id:Crane221083:20170801055207j:image

 

月を見ながらの散歩は

贅沢だなーとてくてく歩いた。

歩きながらさ長女のことをおもう。

 

昨日、ミニバスの試合だった。

長女はキャプテンなのだけど、

感情が表にでないタイプ。

エンジンがかかるのもゆっくり。

 

周りは、歯痒く思ってるだろうと

思うが、いくら周りが伝えたとしても

本人が自覚しなければ

変わるわけもなく。

 

まぁ、見守るのが

私の務めだとおもってるの。

 

彼女がミニバスをはじめたときも

今も、彼女がミニバスに

向いてるとは思っていない。

 

 

 

一生懸命にがんばる

努力をする

これが私は大切で。

 

 

試合で何点いれたとか

まったく興味ないのよ

その時、頑張れたかどうかが

大事であって、

結果は、まぁぶっちゃけ

どーでもいいの。

 

そんなんで助言も

他の人に比べたらすくない。

 

まぁ面白いもので娘は、

ミニバスの成功体験がすくない。

シュートもきまらない。

シュートまでいけない。

なにがどうしていいかわからない。

そんな感じであろう。

 

最近は少しは、頑張っているのが

わかるので、

彼女が成功!と感じる

プレーがたくさんできると

いいなぁーと思ってる。

 

大人に言われたからとか、

親に言われたからできたとかは

成功体験ではなくて

自分で見つけて、できたことが

成功体験だとおもってるのでね。

 

日曜日の試合は、たくさんの

成功体験ができたの。

おそらく、自信になったんじゃないかな?

 

心から良かったとおもった。

 

これから先、バスケをやるにしても

やらないにしても

自分でできたことは大きい。

 

試合あとの顔でよくわかった。

 

年下の子たちに声をいつもより

かけてたし、

自分自身が違ったんだと

本人が口でいってた。

 

そう、

コートの外の時はいつもの顔。

コートの中にはいると

ピリッとした顔になってた。

 

そう変われるのは、

自分の心しだい。

 

どんな場面でも、

自分の心がけで、目の前の風景は

かわってくる。

 

そういえば、このまえ

こんなことを聞かれた

 

『お母さんて、緊張しないの?』

 

『緊張するわよ』

そう答えると、そんなふうに見えない

といわれた。

 

『緊張はするけれど、でもこれから

 どんなことが起きるだろう?と

 わくわくする方がおおきいかな~』

 

と、つづけた。

 

小さい頃から誰よりも緊張するタイプ

だったけど、

でもいまは、どんなことを

考えてもなるよーにしかならなくて

それにはちゃんと意味がある

ことがわかってるから。

 

楽しめるんだとおもう。

 

 

そんな姿を、長女はみて

なにか感じてくれたらとおもってる。

 

ひとつひとつ

積み重ねがたいせつ。

 

どんなこともね。

 

 

点と点をつないでいく。

いまはバラバラでも気づくと

つながっていて

大きなものになる。

 

それをみつけてほしいな。

 

この夏、ひとつだけ

長女に目標をつきつけたの(笑)

 

むり!と即答だったが、

きっとやるんじゃないかと思ってるんだ。

なにをつきつけたかは、

また書くね!

 

母ちゃんの突拍子のない目標に

本人は苦笑いだったけど

絶対にできないことはないのだ!

 

夏休みは大変だけど。

オモシロイ

 

さて、お弁当つくろう。

 

 


f:id:Crane221083:20170801055221j:image