空と太陽ときどきアロマ

しあわせはすぐそばにある

親子でチャレンジ②


f:id:Crane221083:20170907062827j:image
子どものみで参加した

もう一人のFくん。

 

 

私は、彼の笑顔がだいすき。

いつも笑顔でいる姿が

ステキだとおもってる。

 

彼は、どんなときも距離感が大事。

 

物理的なものも

目に見えない心の距離も

 彼には彼なりの距離感がある。

 

たとえ、

物理的に離れていても

心はより近くにいたり。

 

隣にいても

心が離れているときもある。

 

目まぐるしく

動く彼の心をキャッチ

したつもり。

 

どうだったかな?

 

 

今回、わかったことが

あったんだ。

 

彼は強い!ということ。

 

どんな場面でも

 自分を保つ方法をしっていた。

 

それはワガママでしょ?って

いうかもしれないが。

ワガママではない。

 

彼が、周りとのバランスを

考えてやっている行動。

 

そして、よーく周りを

観察していること。

観察といっても、行動だけじゃないよ。

みんなの表情までみてる。

 

素晴らかったよ。

 
f:id:Crane221083:20170907062901j:image

 
f:id:Crane221083:20170907062913j:image

冬にあったときは、

ご飯はほとんどたべなかった。

それがね、今回は自分で

食べれるものを判断して

取って、テーブルまで運んで

食べていた。

 

これまた

すばらしかったんだよ。

 

部屋で一緒に過ごしていてね

ナイショ話するんだけど

本当にかわいかったなぁ。

 

数字が得意な彼は、

記憶力が半端なくて、

なんども助けられた。

 

ご存知だろうが、

私は数字が苦手だ!

ちっとも覚えられない。

 

 

 

たまに、これは何番でしょ?と

彼に聞くと、

おっ!なんで覚えてたの!

すごーい!!!と

褒められる。

 

彼は、誉め上手。

なんど私は誉められただろう。

うれしかった。

 

そして、チャレンジたくさん

したよ!ときより嫌な声をあげても

甘えられる母はいない。

彼にとって大切な距離感を保ち

ながら、チャレンジできたのは、

彼にとって良き経験になっただろうな!

 

それを一番近くで見守れて

しあわせだったよ!

 

 

帰り道、新幹線で

ケラケラケラケラ笑いながら

FくんとSくんと楽しい時間を

すごした。

 

3日間ともに過ごすと

つながる絆。

 

心と心が通いあうと

こんなにも違うんだな。

ふたりともステキな男の子だったよ。

 

普段、ご家庭での

お母さんたちの努力が

手に取るようにわかったのも

二人と過ごしたから。

 

目に見えないところでの葛藤は

たくさんあると思う。

 

それがあるから、

チャレンジできるんだ。

なんでもそうだが、

ベースは大切。

基礎をお母さんたちが築いて

努力してこそだ。

 

そこに、わたしたち天才の卵が

掲げている森育、食育、心育が

融合することに

とても意味があるとおもったの。

 

すてきな時間をありがとう。

 

お母さんが送り出す!という

チャレンジをしたから、

新しいチャレンジができた

SくんとFくん。

 

親子でチャレンジした夏

 

どうだったかな?

 

また、ふたりに

会えるの楽しみにしてるよ!

 

ありがとう。