空と太陽ときどきアロマ

しあわせはすぐそばにある

やりたいはとめられない

中学受験をした話は

先日このブログで書いたけれど、

うちの娘はなかなか面白いのだ。

 

願書に証明写真を貼るので

写真屋さんに証明写真を

撮りにいった。

 

歯を出さず笑うのですよ!

 

と、私が言うと

 

歯を出さないで笑えないと

言い出し、車のなかで

口角をあげ方を教え、

口角をあげる練習をしたの。

 

どうにか、すてきな写真が

撮れたの。笑い方ひとつで表情って

いうのは変わるのよね~。

 

写真を撮り終えた娘さん

あードキドキした

初めてのこと多すぎて嫌だ!

とか言いながらも

楽しそうに願書を提出したのです。

 

その数日後のこと。

 

なにやら洗面台のところに

短い毛がおちていて

カミソリも使いっぱなしに

なってましてね。

 

眉毛を整えたことがわかったの。

 

よくよくみると、

眉毛が短くなりすぎてて

麻呂みたいな眉毛になっていたの~(笑)

もぉーさー

えー!!!!ですよ。

まぁ、そんなことはよくある話。

 

その数日後

突然、仕事中に電話がかかってきて

『まえがみきったから!』と

わざわざ報告の電話を娘から

もらったの。

 

よっぽど変な前髪になったんだなーと

思いながら帰宅。

 

あー

あー!!

あー!!!

 

そうでしたそうでした!

先日、麻呂みたいな眉毛になった

ばっかりだったー(笑)

 

前髪が短くなりすぎてて

眉毛が露出。

あの素敵に撮れた証明写真の

少女とは別人のように

なってしまったのです(笑)

 

もぉーおもしろくってね

 

母は、こんなことを投げかけましたの。

 

『あのさー

 それで受験の面接いくのよね??(笑)』と。

 

そのとき、よーやく面接があることを

思い出した娘さん。

『大丈夫!すぐ伸びるよ』と

開き直ったむすめさん。

 

言い聞かせたものの、

焦りを感じてましたのよ。

 

おもしろすぎる。

 

小学6年生って、ある程度

先を見越して行動できると思うの

だけど、

うちの娘は、そーいうの出来ないのよね。

 

その後は、毎日のように

鏡に向かい、前髪と眉毛のチェックを

重ねておりました。

 

出来るようでできない。

そういうことはあるのよね~。

この月齢だからできるだろう!

この年齢だからできて当たり前!

これは、やっぱり

個々によって違うのだと思うのよ。

 

みんな違うのよね。

 

先週のこと、

川が凍ってて、その上を歩いてた

むすめさん。

氷の様子と、彼女の体重を考えると

川に落ちてしまうよ!と

助言したのだけどね

 

その言葉は、彼女には

届かず、みごとに川に落ちたのでした。

 

やりたい!とおもったら

止められない彼女。

失敗することを、楽しんでいるようにも

見えるのだ。

 

それは、先を見越してなのかもしれないな。

川に落ちる自分をもとめてる(笑)

そうなのかも。

 

母としては、

もうすこし頭を使いなされ!と

おもうけど。

まぁ、そうやって学びなされと

おもって見守ってるのでした。

 

しかし、あの前髪を切ってしまったときの

顔は、おもしろすぎたな~♪

 


f:id:Crane221083:20180203115334j:image