空と太陽ときどきアロマ

しあわせはすぐそばにある

ななつのおいわい

我が家の璃子さん

 

七五三でした。

3歳のとき、着物やら写真やら

着たり撮ったり、頑張ったけど、

そのとき学んだのです。

 

親や大人の想いを押しつけちゃ

いけないって。

 

璃子さんにどうする? 

と、聞いたけど

興味なさそうだし返事がなったから

普段と変わらぬ姿で

お参りにいくことにしました。

 

昨日、二人で高麗神社へ。

 

どんな格好だろうと

関係なく

璃子さんは、私との時間を

とても喜んでくれる。

 

パパやお姉ちゃん、お兄ちゃんが

いると少しペースが乱れる。

私といるときの璃子さんは

とても穏やかなのだ。

 

写真を見るとわかると思うが(笑)


f:id:Crane221083:20171204233504j:image

鳥居をくぐる前も

本殿に向かうときも

心と心がむきあえる。

 

不思議だけど

二人だとそれが可能なのだ。

そして、その時間が格別なことを

お互いにわかってる。

 

二人でいるとき

特別なことが起こるのだ。

 

水天宮に登ったとき

ちょうどお掃除をしてて、

いつもしまっている水天宮の扉が

開いていて、お参りすることが

できた。なんともありがたき幸せ。

 

ご神木に二人でご挨拶。

璃子さんは、何度か場所を

かえて手を添えた。

その姿が七歳とは思えないのだ。

 

璃子さんが感じてること

そのまま

感じてあげたいなぁ~とおもうの。

 

御朱印めぐりに一緒にいくと

今日はお参りしないで、ここにいる

と拒否することもある璃子さん。

 

高麗神社は、なにもいわず

すんなりお参りしたの。

不思議だけど、

きっと神様も璃子さんを

待っていてくれたんだな~

なんて、おもったりした。

 

節目のときは、

いつも心静かに二人で迎えてる

私と璃子さん。

 

二人にしかない波長が 

わたしは大好きだな。

 


f:id:Crane221083:20171204234531j:image

ゆっくりでいいから

すくすく育つのですよ。