空と太陽ときどきアロマ

しあわせはすぐそばにある

忘れていたことを思い出す

娘が中学生へ入学して

新しい環境になったとき

 

ふと、自分の忘れてた記憶が

よみがえる。

 

そんなことない?

 

入学式のとき

自分の高校入学式のときの

記憶がよみがえる。

 

どんな気持ちだったのか

 

自分の強い気持ちと

あたらしい世界へ扉をひらくときの

キラキラした気持ちを

思い出したの。

 

前だけをみてたこと。

強かったな、あの時のわたし。

 

 

自分の生い立ち

自分の幼少のころの

話をする機会があってね

はっ!!と

わき出るように記憶がもどってくる。

 

神社の真下で誕生した私。

手を清める場所があってさ

神社と手を清める場所が

私の遊び場だった。

 

どんなときもそこにいたこと

とにかく遊んでいたこと。

 

それが、どんな意味があったのか

どんなに素晴らしい場所にいたのか

 

幼少のころ

見ていた何気ない景色が

教えてくれる大切なことを

いま、かみしめてるの。

 

思い出してみてわかること。

偶然ではなく必然だったこと。

 

のんびり日向ぼっこしながら、

自分の人生を振り返える。

 
f:id:Crane221083:20180505111316j:image


f:id:Crane221083:20180505111323j:image

 

 貴重なじかん。

ありがたし。

 


f:id:Crane221083:20180505111452j:image